葬儀の形態、価格の多様化。

家族の在り方が変わってきている今の時代、それと同時に葬儀の形態も大きく変わっています。通夜や葬儀を一切行わない直葬から、火葬式、一日葬、家族葬、一般葬まで様々です。価格も、直葬や火葬式なら10万前後で出来てしまいます。一般葬でも2,30~7,80万と低価格化が進んでおり、追加料金がないなど低価格を売りにした葬儀社も多く出てきています。葬儀社のホームページを見てみると、寝台車、会館安置、棺、役所の手続き、骨壺、遺影写真、料理、祭壇、火葬料、中陰壇、アルバムなどがすべてセットになっていて、追加料金なしとはっきり書いてあります。お葬式ってとてもお金がかかるというイメージだったので、これは目から鱗でした。心を込めて送り出すけれども、無駄なものは省いてコンパクトに…これが今のお葬式です。地方の田舎ではまだ昔ながらの盛大なものが主流なのかもしれませんが、時代の流れと共に変わって行くんでしょう。

一昔前と比べるとシンプルで低価格になった葬儀

一昔前、我が国の家庭では2,3世代同居が当たり前で子供の人数が多く、また、親族や隣近所との付き合いも頻繁に行われていたため、近親者に不幸があると友人、知人まで含めれば100人以上の葬儀参列が珍しくありませんでした。しかしながら、近年は子供数の減少や親族関係の希薄化あるいは世の中全体で付き合いの減少があって葬儀を簡素に行う習慣が広まり、家族葬や直葬などのシンプルな形式が定着しつつあるようです。近親者に不幸があると喪主や周囲の人には心の動揺が大きくて、通夜や告別式の式次第を落ち着いて考える間もないため、葬祭業者の言いなりになって参列者への料理、飲み物の注文などを増やしてしまうことがあると、価格面でも後で高額な費用請求に驚くような苦情がしばしば話題になったこともありました。しかしながら、昨今は事前にマニュアル化されたリストで費用が分かるように制度化されているので、葬儀という突然の不慣れな体験でも余り困らなくなりました。

葬儀にかかる様々なものの価格

葬儀にかかる費用は、どこでどのように行うかによって、大きく違ってきます。火葬場の祭儀場を利用し、家族だけで行う形式ですと、比較的低価格で済ませることができます。菩提寺で行う場合は、お寺に払う明確な金額がわからない分、いくら包むのか迷うこともあるでしょう。仏教の場合、お寺から戒名を頂かなければならないので、その費用も入れるとそれなりの額になります。戒名にもランクがあり、どの文字を使うかで価格が変わってきます。本当に困った場合は、僧侶に単刀直入に聞いてみると良いでしょう。ズバリ答えて下さる場合もありますし、ヒントになるようなお答えをされる事もあります。キリスト教の教会で葬儀を行う場合は、仏教の寺院で行うより費用的には、負担が軽い傾向にあります。ただ結婚式と違い、信者でない人の葬儀は受け付けてもらえません。いずれにせよ、葬儀の場合多くは葬儀社を決め依頼し、色々な手配をしてもらいます。葬儀にかかるものの価格は、葬儀社によっても違いますし、同じ葬儀社が提示するものの中にも、ランクがいろいろあります。ですから、もしもの時の為に、一度葬儀社のパンフレット等を取り寄せ、目を通しておくのも良いことでしょう。

全日本葬祭業協同組合連合会に所属する事業者のわずか7.5%と言われる、葬祭業安心度調査でのAAA認定を平成14年以降連続で頂いております。 他社との違いは、ご要望に合わせた多彩なコースをご用意していることであり、24時間年中無休で緊急対応しています。 葬儀費用は項目が多岐に渡っているので総額が把握しづらくなっておりますが、その内訳を把握すれば総額が推測しやすくなります。 葬儀の価格を知るなら富士典礼を一度ご参照ください。